一、はるかにつづく 山のなみ
   ひときわ高い  交野山
   希望のしるし  そこに見て
   強く 正しく どこまでも
   のびる ぼくたち わたしたち
   郡津 郡津 わが母校

二、ゆたかなみのり 交野の地
   流れてやまぬ  天の川
   ゆくすえ遠く  望みつつ
   清く 明るく  どこまでも
   すすむ ぼくたち わたしたち
   郡津 郡津 わが母校

三、歴史もふるい ふるさとに
   新たにともす 文化の灯
   郷土の栄え 受けついで
   自主の 心を どこまでも
   はげむ ぼくたち わたしたち
   郡津 郡津 わが母校 
校歌
 のびゆくなかま
トップページへ戻る
作詞 八木橋 雄次郎
作曲 金光 威和雄